住宅ローン借り換え/¥0で太陽光発電・オール電化設置OK!?

  • 現在募集中の物件情報はこちら
  • 現在募集中の物件情報はこちら
  • メンテナンスのお問い合わせはこちら

住宅ローン借り換え ¥0で太陽光発電・オール電化設置OK!?について

不動産取引のスペシャリストである「住宅建物取引主任者と住宅ローンアドバイザーとモーゲージプランナー」の「資格と専門知識」を併せ持つ 「上級ファイナンシャルプランナー」がワンランク上の住宅取引アドバイスをあなたのためだけに致します。

住宅ローン借り換え ¥0で太陽光発電・オール電化設置OK!?

エコスマ¥0計画/只今、設置件数急上昇中!/太陽光発電、住宅ローン借り換えで!!¥0

住宅ローン返済中の方へ

  • ローン残高が1000万円以上ある
  • 返済期間が10年以上ある
  • 借り換え後の金利差が1%以上ある金利差が0.5%以内でも効果がでるケースもあります

すべての方はだんぜん借り換えがおトクです!!

不動産取引のスペシャリストである「住宅建物取引主任者と住宅ローンアドバイザーとモーゲージプランナー」の「資格と専門知識」を併せ持つ
「上級ファイナンシャルプランナー」がワンランク上の住宅取引アドバイスをあなたのためだけに致します。
「ライフプランの考え方」「ローン借り入れ期間」「ローン借入金額や残高」「今後の金利動向の予想」など すべての金融機関との住宅ローン紹介・取次が可能であり、お客様への最適と考えられる商品のご提案およびン実行サポートが可能です。
太陽光発電やオール電化は住宅設備になりますので借り換えの際に低金利の住宅ローンに組み入れられます。
また借り換えの際、各金融機関への諸費用(印紙代、登録費用、保証料、ローン手数料、金額繰上返済手数料など)も借り換え後の住宅ローンに組み入れる場合が多いのでその際は、お客様のご負担額は実質¥0となります。

低金利の銀行への借り換え→金利の差額/この部分が太陽光発電・オール電化になります!

借り換えのメリット・デメリット

メリット
今までの高金利のものから低金利に借り換えることで支払利息の軽減効果があげられます。
金利水準の低い今現在なら、借り控えで大きなメリットを得るチャンスがあります。
デメリット
住宅ローン借り換え手続きは新しいローンを組むことと同じであり、長い時間の労力と諸費用がかかります。
また当面の金利が低くなっても、固定金利型から変動金利型、また固定金利選択型に借り控えた時などは、将来金利上昇となった時リスクを負うこととなります。
現在返済額だけではなく、トータルで利息の軽減効果があるか十分に検討する必要があります。

借り換え実例 2012年2月 多治見市M様邸 【エコスマイルさんで太陽光タダで設置できちゃいました♪ v^o^v】

                 
  借り換え前 借り換え後 借り換え効果
借入残高 16,330,000円 18,600,000円△1,970,000円
残り返済機関 29年6ヶ月 28年△1年6ヶ月
借入金利 2.2% 0.75% 1.45%
毎月返済額 63,915円 61,390円 △2,525円※
年間返済額 766,980円 736,680円 30,300円
総支払予定額 22,625,910円 20,627,040円 △1,998,870円

実際は電力会社の買い取り制度や電気料金プラン変更や節電意識等によりさらにご負担が減る場合があります。
また太陽光発電やオール電化を購入しても、さらに差額が生じる時は、住宅ローンの負担軽減になります。

  • すぐにわかる借り換えシミュレーション

 お客様が「ご自分で調べられた金融機関が非常に有利だ」と思った場合でも「プロの目から幅広く見るともっと良い金融機関が見つかる場合が多い」のでまずはお気軽に下記までお電話かメールをください。

無料診断・お見積り・資料請求/専門スタッフがご自宅までお伺いいたします!

このページのトップへ